東北道 事故 情報。 日本海東北自動車道

現在の道路の状況

等のでは、日本海東北道と呼ばれることがほとんどである。 英略字は以下の項目を示す。 同時に鶴岡JCT - 酒田みなとIC間を山形自動車道から日本海東北自動車道に改称する。 鶴岡管理事務所 : 鶴岡JCT料金所 - 酒田みなとIC• を通過するため、は普通タイヤ車を対象にが実施されることが多い。 歴史 [ ]• 国土交通省 道路局• 規制情報はありません。 : 新潟東SICが供用を開始する。

>

国土交通省 東北地方整備局

北中IC (事業中)• 2011年11月15日時点のよりアーカイブ。 E49 (新潟中央JCTで接続)• 当初、新潟中央JCT - 新潟空港ICは北陸自動車道として供用されていたが、(平成14年)の新潟空港IC - の開通に合わせ、日本海東北自動車道に変更された区間である。 IC からはの、その他の区間はである。 4 5-1 E7 () E46 秋田自動車道(東北横断自動車道釜石秋田線) 0. 府屋IC (事業中)• 3月28日 : 荒川胎内IC - 神林岩船港IC間が開通する。 鶴岡西IC - 鶴岡JCT間にはインターチェンジがないため、この区間を走行する場合は鶴岡JCT以北の有料区間を走行する必要がある。 ( - - ) - - - 新発田市 - 北蒲原郡聖籠町 - 新発田市 - -• : 酒田みなとIC - 遊佐比子IC間の開通が2020年12月13日になることと、仮称であった遊佐比子IC、遊佐十里塚IC、遊佐鳥海ICの各インターチェンジの名称が、それぞれ遊佐比子IC、遊佐菅里IC、遊佐鳥海ICに正式決定する。

>

日本海東北自動車道

酒田みなとIC - 遊佐比子IC : 2020年12月13日• ] 通行止め 他の規制 規制情報はありません。 IC:、SIC:、JCT:、SA:、PA:、TB:、BS:、TN: IC 番号 施設名 接続路線名 起点 から 備考 所在地 E8 42 E49 0. (平成22年)から有料区間の新潟中央JCT - 荒川胎内IC、岩城IC - 河辺JCT間においてを行っていたが、(平成23年)に発生した()の復興費用確保のため、同年の0時をもって一旦終了した。 : -• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 。 : 岩城料金所を廃止し秋田空港本線料金所に移設する。

>

東北道の事故・渋滞情報

のや、沿岸の・などと共に、を南北に縦貫するルートの一つとして整備が進められている。 国道7号 : -• E8 (新潟中央JCTで直結)• 遊佐鳥海IC - 小砂川IC : 2026年度• 2013年6月6日時点のよりアーカイブ。 : 荒川胎内IC - 神林岩船港IC間の開通が2010年になることと、仮称であった神林IC、村上IC、村上第二IC、朝日第二IC、朝日ICの各インターチェンジの名称が、それぞれ神林岩船港IC、村上瀬波温泉IC、村上山辺里IC、朝日三面IC、朝日まほろばICに正式決定する。 (平成28年)• そして同日より、東日本大震災の被災者支援と復興・復旧支援を目的に、一部車両を対象に通行料金を無料とする措置を同区間で開始したが 、(平成24年)に日本海東北道における無料措置は終了している。 2018年11月4日閲覧。 遊佐比子IC - 遊佐鳥海IC : 2023年度• 大須戸IC (事業中)• (平成22年) : 有料区間の新潟中央JCT - 荒川胎内IC間、岩城IC - 河辺JCT間を高速道路無料化社会実験の対象区間とする案が発表される。

>

国土交通省 東北地方整備局

規制情報はありません。 平成22年度の調査期間中において有料区間全線では、が行われていた。 規制情報はありません。 規制情報はありません。 12月4日 0時25分 現在• 情報:JARTIC• 道路管理も、無料区間は国土交通省の各河川国道事務所、有料区間はの各管理事務所と、異なった組織が所管している。

>

現在の道路の状況

0 -• 規制情報はありません。 : 秋田空港IC - 河辺JCT開通。 : 東日本大震災による観光振興を目的に、土日祝日の普通車・軽自動車等(ETC搭載車限定)で無料とする措置を終了する。 インターチェンジなど [ ]• 胎内SIC : 2022年度末• 女鹿IC (事業中)• : 山形自動車道として酒田IC - 酒田みなとIC間が開通する。 小砂川IC (事業中)• 2 - - - - 長さ6,022 危険物積載車両通行禁止 14 112. (平成23年)• 小砂川IC - 象潟IC : 2025年度• 路線名 [ ]• ] チェーン規制 他の規制 規制情報はありません。 鶴岡JCT - 酒田みなとICは、他の区間と比較して割安な料金設定となっている。

>