図書館 の 設置 及び 運営 上 の 望ましい 基準。 「図書館制度・経営論」合格レポート(近畿大学図書館司書)

「図書館制度・経営論」合格レポート(近畿大学図書館司書)

そのうえで、利用者中心に物事を考え、バランスを保ち、建設的な発展を目指すことが求められる。 ・テキスト及び参考文献から引用する場合、出典を明確にすること。 その際、特に、図書館に対する利用者及び住民の要望、図書館運営にかかわる地域の諸条件、利用者及び住民の利用促進に向けた新たなサービス等に関する調査研究に努めるものとする。 これにも、閲覧制度のみを分ける場合もある。 )町村立図書館の設置及び運営に対する指導・助言等を計画的に行うものとする。 (2)の報告書も含んでいます。

>

三鷹市 |三鷹市立図書館の基本的運営方針

具体的な方策としては、文部科学省の報告『これからの図書館像:地域を支える情報拠点をめざして』にも記載されているように、調査やレクリエーションを含む図書館活動やレファレンスサービス、課題解決支援機能の充実などが挙げられる。 この報告書では、公立図書館における実施状況の概要について図表等にまとめ、簡単な解説をつけました。 詳細については、下記の報告書を御覧ください。 2 市町村立図書館は、基本的運営方針を踏まえ、図書館サービスその他図書館の運営に関する適切な指標を選定し、これらに係る目標を設定するとともに、事業年度ごとに、当該事業年度の事業計画を策定し、公表するよう努めるものとする。 ・本文文字数は、1,900文字以上であること。 同時に、今後の図書館像として、の取り扱いは必ず求められるものである。 (九) 開館日時等 住民の利用を促進するため、開館日・開館時間の設定にあたっては、地域の状況や住民の多様な生活時間等に配慮するものとする。

>

三鷹市 |三鷹市立図書館の基本的運営方針

4 市町村立図書館は、第一項及び第二項の点検及び評価の結果並びに前項の措置の内容について、インターネットその他の高度情報通信ネットワーク(以下「インターネット等」という。 (四) 資料及び情報の収集、提供等 資料及び情報の収集に当たっては、住民の学習活動等を適切に援助するため、住民の高度化・多様化する要求に十分配慮するものとする。 2 私立図書館は、その職員の資質・能力の向上を図るため、当該職員に対する研修の機会を確保することが望ましい。 2 図書館は、この基準を踏まえ、法第三条に掲げる事項等の図書館サービスの実施に努めなければならない。 (三) 都道府県立図書館と市町村立図書館とのネットワーク 都道府県立図書館は、都道府県内の図書館の状況に応じ、コンピュータ等の情報・通信機器や電子メディア等を利用して、市町村立図書館との間に情報ネットワークを構築し、情報の円滑な流通に努めるとともに、資料の搬送の確保にも努めるものとする。 都道府県立図書館と市町村立図書館は、それぞれの図書館の役割や地域の特色を踏まえつつ、資料及び情報の収集、整理、保存及び提供について計画的に連携・協力を図るものとする。 それは全て否定されるものではないが、ある程度は民間企業経営の理念を参考にする必要はあるのではないだろうか。

>

図書館の設置及び運営上の望ましい基準(平成24年12月19日文部科学省告示第172号):文部科学省

都道府県教育委員会は、当該都道府県内の公立図書館の職員の資質・能力の向上を図るために、必要な研修の機会を用意するものとし、市町村教育委員会は、当該市町村の所管に属する公立図書館の職員をその研修に参加させるように努めるものとする。 3 市町村立図書館は、利用者がインターネット等の利用により外部の情報にアクセスできる環境の提供、利用者の求めに応じ、求める資料・情報にアクセスできる地域内外の機関等を紹介するレフェラルサービスの実施に努めるものとする。 4 私立図書館(法第二条第二項に規定する私立図書館をいう。 図書館サービス」に明記されていることを実現するためには、どのような図書館運営が望まれるか、4つの基本思考に関連させながら、貴方自身の考え方を含め論じてください。 しかし、公共サービスである図書館は基本的には潰れる事は心配せず、他館との生存競争も行わない。

>

公立図書館の設置及び運営上の望ましい基準:文部科学省

上記の引用でもあるように、図書館は利用者の視点に立ち、何が求められ、何をするべきかを想像するべきである。 )町村は、住民に対して適切な図書館サービスを行うことができるよう、住民の生活圏、図書館の利用圏等を十分に考慮し、市町村立図書館及び分館等の設置に努めるとともに、必要に応じ移動図書館の活用を行うものとする。 ア 資料の紹介、提供に関すること イ 情報サービスに関すること ウ 図書館資料の保存に関すること エ 郷土資料及び地方行政資料の電子化に関すること オ 図書館の職員の研修に関すること カ その他図書館運営に関すること 2 都道府県立図書館は、当該都道府県内の図書館の状況に応じ、それらの図書館との間における情報通信技術を活用した情報の円滑な流通や、それらの図書館への資料の貸出のための円滑な搬送の確保に努めるものとする。 しかし、全国の公立図書館を対象とした、サービス全体をとらえる調査は実施されておらず、その全体像や実態は明確になっておりません。 2 市町村教育委員会は、市町村立図書館の館長その他の職員の資質・能力の向上を図るため、各種研修機会の拡充に努めるとともに、文部科学大臣及び都道府県教育委員会等が主催する研修その他必要な研修にこれら職員を参加させるよう努めるものとする。

>

2014年度|東京都立図書館

これからの図書館の在り方検討協力者会議設置要綱(平成24年6月)(文部科学省) 図書館の設置及び運営上の望ましい基準の見直しについて(報告書) (文部科学省) 図書館の設置及び運営上の望ましい基準(平成24年12月)に関する関係書類について(冊子) (文部科学省) 「図書館に関する科目」新旧比較表(平成24年4月1日~)(文部科学省) 参考: 文部科学省、「公立図書館の設置及び運営上の望ましい基準」改正案に関するパブリックコメントを募集. それはすなわち、利用者から評価されないばかりか、批判の対象になり兼ねないことを意味する。 (3)図書館の設置及び運営上の望ましい基準(平成24年12月)に関する関係書類について(冊子)(平成24年12月付) 「公立図書館の設置及び運営上の望ましい基準(平成13年文部科学省告示第132号)の改正について」等の図書館の設置及び運営上の望ましい基準に関する関係書類をまとめたものです。 4つの柱• 多様な種類・内容の視聴覚資料の収集に努めるものとする。 ・未来思考 変化の激しい現代において、情報を適切に操り、未来を考えて経営することは大切である。 (三)広報活動及び情報公開 市町村立図書館は、当該図書館に対する住民の理解と関心を高め、利用者の拡大を図るため、広報紙等の定期的な刊行やインターネット等を活用した情報発信等、積極的かつ計画的な広報活動及び情報公開に努めるものとする。 第三 私立図書館 一 管理運営 1 運営の状況に関する点検及び評価等 1 私立図書館は、その運営が適切に行われるよう、図書館サービスその他図書館の運営に関する適切な指標を選定し、これらに係る目標を設定した上で、その目標の達成状況等に関し自ら点検及び評価を行うよう努めるものとする。

>

2014年度|東京都立図書館

4.結論 本論で述べてきたように、図書館は変化に対応し、発展および成長していかなければならない。 (五) 多様な学習機会の提供 住民の自主的・自発的な学習活動を援助するため、読書会、研究会、鑑賞会、映写会、資料展示会等を主催し、又は他の社会教育施設、学校、民間の関係団体等と共催するなど、多様な学習機会の提供に努めるとともに、学習活動の場の提供、設備や資料の提供などによりその奨励に努めるものとする。 2 市町村教育委員会は、市町村立図書館が専門的なサービスを実施するために必要な数の司書及び司書補を確保するよう、その積極的な採用及び処遇改善に努めるとともに、これら職員の職務の重要性にかんがみ、その資質・能力の向上を図る観点から、第一の四の2に規定する関係機関等との計画的な人事交流(複数の市町村又は都道府県の機関等との広域的な人事交流を含む。 (八) 施設・設備 都道府県立図書館は、三の(九)により準用する二の(十一)に定める施設・設備のほか、次に掲げる機能に必要な施設・設備を備えるものとする。 変化できない図書館は、社会的ニーズに対応できなくなってしまう。

>

2014年度|東京都立図書館

表紙、はじめに、目次、調査概要• 5 混合組織 前述四つの組織を組み合わせた組織を言い、大小はあれど、日本の図書館ではこの形態が多い。 三 都道府県立図書館 (一) 運営の基本 都道府県立図書館は、住民の需要を広域的かつ総合的に把握して資料及び情報を収集、整理、保存及び提供する立場から、市町村立図書館に対する援助に努めるとともに、都道府県内の図書館間の連絡調整等の推進に努めるものとする。 それぞれの概要は以下のとおりである。 とかく、民間企業等と比較して変化に弱い公的機関においても、図書館はレファレンスやパスファインダーの提供など、テクノロジーの導入によってもたらされた余剰人員が提供する新しい価値に期待がもてる。 なお、その活動の内容については、ボランティアの自発性を尊重しつつ、あらかじめ明確に定めておくことが望ましい。 3 市町村立図書館は、基本的運営方針並びに前項の指標、目標及び事業計画の策定に当たっては、利用者及び住民の要望並びに社会の要請に十分留意するものとする。 高齢者に対するサービスの充実に資するため、高齢者に配慮した構造の施設の整備とともに、大活字本、拡大読書器などの資料や機器・機材の整備・充実に努めるものとする。

>