みかん 生産 量 ランキング。 2017年度産 [みかん/温州みかん/ミカン] ランキング(生産量・収穫量) (都道府県)

なつみかんの出荷量の都道府県ランキング

(1990-2018年)• 最下位から、15位は香川県の107トン、 14位は神奈川県の110トン、 13位は兵庫県の211トンです。 2位の和歌山とは差があるので、「普通温州みかんは静岡が収穫量1位」と言って差し支えなさそうです。 まあ、みかん畑ってだいたい山にあるし、畑の維持も大変なんですよね。 (1975-2018年) [内訳] - ブリの漁獲量 [内訳] - ブリの養殖生産量• 同じ柑橘類であれば、 「 みかんじゃなくオレンジでもいい」 という人もいそうです。 早生温州の収穫量で目立つのは熊本で、和歌山、愛媛に続く第3位になっています。

>

みかんの生産量の都道府県ランキング(平成27年)

出荷量の調査対象(出荷組織)が3件未満の都道府県については、情報源の都合により秘密保護の観点から情報が秘匿されているため、ランキングの対象外となっています。 みかんで有名な地域と言えば和歌山県や愛媛県を思い浮かべる方も多いと思いますが、 夏みかんの収穫量第1位は鹿児島県です。 運営事務局では、日本で生産された農作物の「みかん」に関して、国内外の多くの消費者の方に興味をもっていただけるよう、今後も農作物や農業に関する様々な情報を追加していく予定です。 種子用または飼料用として販売されたものは含まれません。 その中でも、有力視されている理由が 「 みかん農家の減少」 と言われています。 500トン 出典 (外部リンク) もも収穫量 全国 113,200トン 1位 山梨県 39,400トン 2位 福島県 24,200トン 3位 長野県 13,200トン 4位 山形県 8,070トン 5位 和歌山県 7,420トン 出典 (外部リンク) すもも収穫量 全国 23,100トン 1位 山梨県 7,820トン 3位 和歌山県 3,330トン 2位 長野県 3,090トン 4位 山形県 2,000トン 5位 青森県 1,060トン 出典 (外部リンク) キウイフルーツ収穫量 全国 30,000トン 1位 愛媛県 6,840トン 2位 福岡県 5,410トン 3位 和歌山県 4,060トン 4位 神奈川県 1,880トン 5位 静岡県 1,550トン 出典 (外部リンク) はっさく収穫量 全国 34,655トン 1位 和歌山県 25,287トン 2位 広島県 5,695トン 3位 愛媛県 1,123トン 4位 徳島県 963トン 5位 香川県 260トン 出典 (外部リンク) セミノール収穫量 全国 2,712トン 1位 和歌山県 1,328トン 2位 三重県 761トン 3位 大分県 465トン 4位 愛知県 93トン 5位 愛媛県 38トン 出典 (外部リンク) さんしょう収穫量 全国 677トン 1位 和歌山県 441トン 2位 兵庫県 25トン 3位 岐阜県 20トン 4位 京都県 20トン 5位 奈良県 15トン 出典 (外部リンク) じゃばら収穫量 全国 211トン 1位 和歌山県 153トン 2位 愛媛県 30トン 3位 三重県 26トン 出典 (外部リンク) いちじく収穫量 全国 13,794トン 1位 愛知県 2,623トン 2位 和歌山県 2,298トン 3位 兵庫県 1,635トン 4位 大阪府 1,363トン 5位 福岡県 1,198トン 出典 (外部リンク) きよみ収穫量 全国 14,033トン 1位 和歌山県 6,268トン 2位 愛媛県 5,048トン 3位 佐賀県 697トン 4位 広島県 613トン 5位 熊本県 438トン 出典 (外部リンク) ネーブルオレンジ収穫量 全国 5,968トン 1位 広島県 2,106トン 2位 静岡県 1,949トン 3位 和歌山県 972トン 4位 熊本県 383トン 5位 愛媛県 369トン 出典 (外部リンク) シラヌヒ(不知火)(デコポン)収穫量 全国 42,577トン 1位 熊本県 12,029トン 2位 愛媛県 9,164トン 3位 和歌山県 5,308トン 4位 佐賀県 3,691トン 5位 広島県 3,498トン 出典 (外部リンク) グリーンピース収穫量 全国 5,060トン 1位 和歌山県 2,740トン 2位 鹿児島県 1,040トン 3位 熊本県 247トン 4位 北海道 242トン 5位 大阪府 204トン 出典 (外部リンク) 花き スターチス出荷量 全国 121,700千本 1位 和歌山県 62,600千本 2位 北海道 35,900千本 3位 長野県 8,100千本 4位 千葉県 3,230千本 出典 (外部リンク) ガーベラ出荷量 全国 143,400千本 1位 静岡県 59,000千本 2位 福岡県 20,900千本 3位 和歌山県 13,100千本 4位 愛知県 10,800千本 5位 千葉県 8,530千本 出典 (外部リンク) 魚介類 いせえび収穫量 全国 1,075トン 1位 三重県 258トン 2位 千葉県 177トン 3位 和歌山県 125トン 4位 静岡県 112トン 5位 徳島県 83トン 出典 (外部リンク) たちうお収穫量 全国 6,331トン 1位 愛媛県 1,077トン 2位 和歌山県 685トン 3位 大分県 617トン 4位 広島県 540トン 5位 長崎県 525トン 出典 (外部リンク) 内水面養殖あゆ収穫量 全国 5,053トン 1位 愛知県 1,156トン 2位 和歌山県 1,034トン 3位 岐阜県 967トン 4位 滋賀県 491トン 5位 栃木県 325トン 出典 (外部リンク) 養殖くろまぐろ収穫量 全国 15,858トン 1位 長崎県 6,558トン 2位 鹿児島県 2,997トン 3位 高知県 1,256トン 4位 三重県 988トン 5位 和歌山県 745トン 出典 (外部リンク) くらし 高効率給湯器普及率 全国 23. 出荷量は、果物を生食用または加工用として販売したものの量となっています。 関連記事: 夏みかんの収穫量2位の産地:熊本県 そして 夏みかんの収穫量第3位はみかんとして有名な産地でもある愛媛県がランクインしています。

>

みかんの生産量ランキング1位はココ!世界だとどうなる?みかん生産量減少の理由についても

「JapanCROPs」公式フェイスブックページへの無料での投稿サービスは、期間限定のサービスと考えておりますので、是非この機会に、「みかん」に関連する農家記事を登録いただき、サービスをご活用いただければと思います。 普通温州は2000年以降は愛媛の収穫量が落ち、静岡がずっと1位になっています(収穫量が落ち込んだ2017年も何とか1位)。 今は品種改良により、甘くてゼリーのような果肉が味わえる、 美味しいみかんも多いのです。 その後長らく1位・和歌山、2位・愛媛、3位・静岡の順だったのですが、静岡は2017年に収穫量が減少して熊本に抜かれ4位に落ちた一方で2018年には逆に大幅に増えて、最新の統計では1位・和歌山、2位・静岡、3位・愛媛となっています。 農家さんが投稿された情報に対するご意見・ご質問に関しては、運営事務局側では回答致しかねますので、農家様に直接お問い合わせいただきますようお願いいたします。

>

みかんの収穫量(生産量)の都道府県ランキングと統計データ

(1990-2018年)• 最上位から、1位は熊本県の9,700トン、 2位は愛媛県の7,720トン、 3位は鹿児島県の4,100トンです。 そこから経費を差し引くと、 所得はなんと 250万円程度になるそうです。 6パーセント 出典 (外部リンク) 自動炊飯器(遠赤釜・IH型)普及率 全国 89. 愛媛県と言えば温州みかんがとても有名ですが、夏みかんの収穫量となると鹿児島県、熊本県に続く3位となります。 なつみかんの出荷量ランキング 順位 都道府県 なつみかんの出荷量 偏差値 格付 【出典】なつみかんの出荷量:2008年 1 9,700 トン 76. または、ご質問や、ご確認事項、もう少し詳細を知りたい方は、[ジャパンクロップス]のよりお気軽にご連絡ください。 輸入の安い柑橘類に需要を奪われてしまった可能性も捨てきれません。 有名と一言で言ってもあいまいな部分があるので、公平性を持つために 収穫量が多い=有名と勝手にしました。 により、「みかんの出荷量」の偏差値を地理的に確認できます。

>

なつみかんの出荷量の都道府県ランキング

「 もっと多いのかな?」 と思っていましたが、 エジプトやモロッコより下とは、 意外でしたね! 日本に目をむけると、和歌山・愛媛・静岡の他に、 九州などの温かい地域でも栽培が盛んです。 都道府県 収穫量 割合 順位 1 北海道 - - - 2 青森県 - - - 3 岩手県 - - - 4 宮城県 - - - 5 秋田県 - - - 6 山形県 - - - 7 福島県 - - - 8 茨城県 - - - 9 栃木県 - - - 10 群馬県 - - - 11 埼玉県 - - - 12 千葉県 1,390t 0. により、「なつみかんの出荷量」の偏差値を地理的に確認できます。 柑橘類は夏みかんだけではないので、その他の果物など有名な産地を探してみてはいかがでしょうか。 静岡と言えばお茶の生産が有名ですが、子供の頃は「お茶畑と同じぐらいみかん畑がある」という印象でした。 (1990-2018年)• 平成27年度の農林水産省調べでは、 鹿児島県の夏みかん収穫量は約11,900tでした。 更に品種改良をすればそれだけ経費がかかるため、 みかん農家の経営は楽ではないようです。 都道府県 収穫量 割合 順位 1 北海道 - - - 2 青森県 - - - 3 岩手県 - - - 4 宮城県 - - - 5 秋田県 - - - 6 山形県 - - - 7 福島県 - - - 8 茨城県 - - - 9 栃木県 - - - 10 群馬県 - - - 11 埼玉県 - - - 12 千葉県 1,400t 0. 「 みかん生産量はなぜ減っているのか?」 についてです。

>

みかんの消費量の都道府県ランキング(平成29年)

もし、こんな情報もあったらいいな等のご意見や、サイトの記載に誤りを見つけましたら、[ジャパンクロップス]のよりご連絡いただけますと幸いです。 4パーセント 出典 (外部リンク) 電子レンジ(電子オーブンレンジを含む)普及率 全国 97. みかん生産量減少については、 「 これだ!」 と断言できる理由があまりはっきりしていないです。 生産者が減るということは、それだけ生産量が減ることにつながります。 これにより、ご登録いただいた情報を、より多くの方にご覧いただく機会や、農家様のメッセージが伝わる機会が増えると考えております。 ここには「みかん王国!静岡県」「普通みかん収穫量全国1位!」と書いてあって、んん?となるのですが、どうやらみかんの統計には「普通温州みかん」と「早生温州みかん」のふたつがあり、それを合計したものが「みかん」の統計になっているみたいです。 出荷量は、果物を生食用または加工用として販売したものの量となっています。 全国の夏みかん収穫量の合計は約36,500tだったので約3分の1は鹿児島県の夏みかんという事になります。

>