パリ 協定。 環境省_気候変動の国際交渉|関連資料

通告から1年、米国が「パリ協定」から離脱…手続き終了 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

先進国全体で2020年までに年間1,000億ドルという目標の達成に向け取り組むことを約束し,合意に向けた交渉を後押ししました。 遠い未来で地球がどうなるかは誰にもわかりませんが、今できることをやっておくに越したことはないと思います。 それでも石炭火力に邁進する日本に対し、国連も警告を発し始めました。 そのため,同条約を具体化した京都議定書では,日本を含む先進国のみに削減目標に基づく削減義務が課せられることとなりました。 (外務省ホームページ) 平成26年• 「パリ協定」が世界中のほぼ全てとなる196ヶ国へ削減目標を設定するものであることに比べ、「京都議定書」は排出量の多い先進国に限定して削減目標している点で違いがありました。

>

焦点:脱炭素、やっと宣言 パリ協定、孤立回避

5年ごとの目標の提出の際には、原則として、それまでの目標よりも高い目標を掲げることとされている。 グテーレス事務総長の石炭中毒からの脱却の訴えも、日本に対するメッセージと受け止めた。 では、各国では今どのような取り組みがおこなわれ、どのような状況になっているのでしょうか。 2030年までに、BAU比で温室効果ガス排出量を37%削減する。 もう一つはもし英文を読んだとしても、パリ協定の基本的な概念である「Climate Justice(気候正義)」の真の意味を理解できる宗教的背景のある人が少ないことが挙げられる。 とはいっても「パリ協定」は持続可能な開発目標を設定することを基本としており、現在の排出量と開発目標は完全に比例するものではありません。

>

2020年以降の枠組み:パリ協定|外務省

5度特別報告書(2018年発表)によれば、すでに世界の平均気温は、産業革命前に比べて、人間活動によって約1度上昇しており、このままの経済活動が続けば、早ければ2030年には1. 2016年11月に開催されたCOP22では、2018年までに協定の実施指針などを策定することが合意されました。 化石燃料の排出削減=脱炭素化=低炭素化につながる 日本が取り組むべき温室効果ガス対策 温室効果ガスを今以上に削減しようとすることは、想像以上に難しいとされています。 UNFCCCホームページ• 「エネルギー供給の低炭素化」では、再生可能エネルギー(再エネ)や原子力などのCO2排出量が少ない「非化石電源(石油やガスといった化石燃料以外のエネルギーを使って電気をつくる方法)」の比率をアップしていく、あるいは化石燃料を使う場合には、従来の石炭・石油から、ガスのような低炭素な燃料へと転換していくなどの取り組みが進められています。 WSJ 2017年6月2日• 具体的には、各締約国はGHG削減に関する「自国が決定する貢献(Nationally Determined Contribution、NDC)」を決定し、策定した計画を「国連気候変動枠組条約事務局(UNFCCC)」に対して5年ごとに提出・更新することが求められています。 さらに「第2次定期レビュー」と呼ばれる議題もあります。

>

パリ協定

現時点では、アメリカがパリ協定からの脱退を宣言しています。 日本政府によるUNFCCCへの提出文書 UNFCCCサブミッションポータルは 締約国からのサブミッション一覧は 平成29年• 先進国・途上国の枠を超えてすべての国が参加する画期的なパリ協定ですが、削減目標を含む国別目標(NDC)はそれぞれの国が国内で決めたものを国連に提出する仕組みとなっています。 日本のエネルギー輸入依存は、とりわけ化石燃料が大きな割合を占めています。 日本は2013年と比べた場合の数値、米国は2005年と比べた場合の数値、EUは1990年と比べた場合の数値を削減目標として提出 比較する年度を「2013年」に合わせて数値を比べてみると、日本の目標は高いことが分かる (出典)主要国の約束草案(温室効果ガスの排出削減目標)の比較(経済産業省 作成) この目標は、決して達成が楽な数値といえるものではありませんが、政府が産業界とともに検討を重ねてきたさまざまな対策が考慮されたうえで積算がなされており、具体的な対策に裏づけされた実現可能性のある内容でもあります。 すでに深刻な温暖化の被害。 温室効果ガスとは、地球の温度を上昇させると言われているガス• 1935年• この6条には3つの異なる仕組み(メカニズム があります。

>

バイデン氏が復帰する「パリ協定」の意外な仕組み

ただ、気候変動をめぐっては、G20全体でパリ協定の実施ガイドライン採択などの成果に「留意する」との表現にとどまった。 これを解消するため、パリ協定では、もう一つの工夫として、5年ごとに、各国が目標を再提出することを定めています。 その他にもアフリカ・ウガンダの少女など世界中から多くの若者たちがCOP25に参加し、「若者COP」と言えるほど、若者たちが会場で活発に「野心(削減目標などの温暖化対策)の強化」を訴えました。 また、シリアの紛争・難民問題の背景には温暖化による異常気象があると分析する研究者もいます。 1957年• 1930年• それによって現在の生態系は崩れ、ほかにも大きな気候変動が起き、多くの国が深刻な状態に陥ってしまうでしょう。 2020年12月5日閲覧。

>

2020年以降の枠組み:パリ協定|外務省

しかしいずれにしてもこのCOPでは、政府としてはゼロ回答であることには変わりありません。 京都議定書では、排出量削減の法的義務は先進国にのみ課せられていました。 よって、復帰もあり得る」と述べた。 それらの国々は基本的に経済大国であるため、国際的な信用を重視します。 このように先進国として途上国を着実に支援していく姿勢を示すことで,日本は パリ協定の合意に向けた交渉を後押ししました。

>

外務省: パリ協定 - 歴史的合意に至るまでの道のり

温室効果ガスを今以上に削減しようとすることは、想像以上に難しい• (UNFCCCホームページ)• 5年ごとに世界全体として、2度(1. この議論には、4つ、各国によって激しく主張が分かれる論点がありますが、中でも問題となっている二つの「抜け穴」交渉について解説します。 この手法は、協定の合意に至るまでの国際交渉において日本が提唱して来たものです。 パリ協定では、具体的な方法は決められていないので、参加国の自主性にすべて任せられています。 温暖化防止の国際条約ができたのは、京都議定書以来、 初めてのことですu。 小泉環境大臣は、日本の大臣としては初めてCOPにおいて「国際社会からの日本の石炭政策に対するグローバルな批判は認識している。 この状況を変えるため、化石燃料への投資をやめる「ダイベストメント」という動きが急速に広がっています。

>

今こそパリ協定の「本当の意味」を理解しよう 菅政権の打ち出す「2050年ネットゼロ」達成に必要なこと WEDGE Infinity(ウェッジ)

プラスチックごみによる海洋汚染問題について、海への流出量を2050年までにゼロにするビジョンで合意した一方、地球温暖化防止の国際的枠組み「パリ協定」をめぐる表現では、協定離脱を表明した米国と他国を区別して表記するなど合意に向けた配慮をうかがわせた。 その後も続き、夜を徹した交渉が行なわれ、会期延長2日目12月15日の未明に出てきた議長案は、なんとか、間接的な表現ではあるものの、各国に現状の努力とパリ協定の長期目標のギャップを検討した上で、「可能な限り、最も高い野心」を反映させることを呼びかける内容となっていました。 1929年• フロンガス 温室効果ガスの中でも二酸化炭素が半分以上を占めているため、 最優先とすべきは二酸化炭素の排出を可能な限り減らすことです。 また、その通告が効力を有するまでに1年かかる規定になっているので、米国の脱退が可能となるのは、最速でも2020年11月4日以降になります。 1922年• (UNFCCCホームページ) 平成24年• 現在は、パリ協定が採択される前に各国で策定されていた貢献案がそのままNDCとなっており、このNDCに基づいて、GHG削減に向けたさまざまな施策が進められています。

>