ジータ ハンド ガード。 ZETAアーマーハンドガード

オフロードを走るならハンドガードは必須装備!

。 もちろん休みの日は自分の行きたいところに連れて行ってくれますし、一人になりたいときも一緒の相棒ですね。 維持費もそこまでかかりませんし、やっぱりこれから普及するであろう125 ccクラスでもこのバイクは輝いてほしいものです。 やりすぎてバーエンドをすべて焼切っちゃいました テヘ どうせハンドガードで見えないからヘーキへーき。 とても満足です。 ホーン - ショートさせた。 今後、2年目を迎えるにあたって新しいカスタム目標を立てているのですが、それを少し羅列。

>

XTZ125 ZETAハンドガード取り付けと、2年目消耗部品交換について。

届いたパーツ ZETA ジータ アーマーハンドガードベンド DRC クラッチレバー(ショート) DRC ブレーキレバー(ショート) ZETA ジータ リプレースメントハンドガードマウント フロントタイプ ZETA ジータ XCプロテクター 左はカッターナイフのみで簡単に切除可。 ハンドルカバーを外し、ボルトを緩め レバーをむき出しにします。 どうしようも無いので、ハンドルバーの直ぐ横につけるしかなく ETCのを外しました。 。 どのパーツもある程度余裕があり干渉しません 右側。 ん~きもちぃぃ。

>

ZETA:ジータ ZETA インパクトX3ハンドガード

同製品は「Vストローム」や「ヴェルシス」などのアドベンチャーツアラーへの装着を想定。 手で締めれるところまで締めたら、ハンドガードをハンドルバーの穴に差し込み、工具でかるく締めます。 期待してるぞ~ 4. ACERBIS:アチェルビス• 純正サイズだと無理なようです。 コケた際にはブッシュガードの比ではない防御力を発揮し なおかつハンドルカバーを純正ブッシュガード程前には出さない(だろう)と。 スロットルに干渉なく、つけることができたようです。 ただプラのパーツとガードは別売りのようですね? ハンドルバーはテーパー? テーパーとはハンドルバーの中心が太くなっていること。

>

オフロードを走るならハンドガードは必須装備!

5~19mm レバーの干渉防止や取付の微調整に使用する2種類のバーエンドスペーサーを付属。 僕は最初見たときは「オレンジ要素多いなw」と思いました。 で、悩んだ挙句がZETA(ジータ)ですよ。 ハンドガードの確認• ZETA アドベンチャー アーマーハンドガード アドベンチャーツアラーやハンドル全長が短く曲げ角度が大きいハンドルバーにあわせてつくられた高剛性アルミ合金製ハンドガード。 2mmハンドガード!Webikeでも120件もインプレついているしまず間違いなし。

>

寝言は寝てから言え: KLX250 '10 ZETAアーマーハンドガード取付

しかしながら、たまに行くオフロードで「ブレーキレバー折れた〜」とか「ベダル曲がった〜」なんてことしてるという現実。 なおガード重視はサイクラだそう。 ハンドガードの種類と特徴を30秒で説明 手順がメインなのでここでは軽く種類と選び方を紹介。 Renthal: レンサル 正直どれでもいいと思うので時間がある人は上のメーカーを調べてみて見た目やバイクに似合うかっこいいハンドガードを選ぼう。 取り外したETCは、右側から左側に移設。 あとグリップがオープンタイプならオープンエンドハンドガードの取り付けもラクショーですが大抵のグリップはクローズタイプかと思います。

>

【オフ車も安心】ハンドガードの選び方と取り付け方を調べたのでまとめてみた│ぼっちバイカーのブログ

ステルスはその中間でバランスが良いです。 KTMではデフォルトでレンサル社のファットバーがついている テーパー構造の場合、端っこは22. 95でした。 ハンドルパイプの内径まで削って ハンドルエンドカバーのゴムも邪魔 なので、ここもカッターで切り取る。 深い… パソコンのお仕事なので手は守りたい。 ハンドルガード取り付け方法 という事でようやく取り付け方の話です! 取り付け手順 ざっくりこんな感じ• 飛び石はもちろん、レバー保護には右に出るものはない。

>

オフロードを走るならハンドガードは必須装備!

なので、ハンウントのものと比べて、 アタッチメント自体も買わなくてはいけないので、少し割高な印象かもですね。 ぶっちゃけライターとカッターがあればOKです。 で いざまたがって、ハンドルを握ってみると クラッチレバーが当たって、クラッチが切れません Orz. シールドをつければ飛び石も防止できます! メリット ハンドガードの中で一番の強度がある。 ただ全般としてアメリカからの輸入は送料高いですね。 オープンタイプのグリップの方はすっ飛ばしてください。 位置を決めたらそれぞれを本締めします。

>