げ つげ つか すい も く きん。 働く人に聞いてみよう!/小学生のための環境リサイクル学習ホームページ

Listening Practice N5 Level 1 No.11

更年期となり、出血多くして 医治 ( いじ )も 如何 ( いかん )ともすること 能 ( あた )わざるもの 御 ( お )祈りにより止血、之また再発せず。 本人は 勿論 ( もちろん )御主人の喜び 一方 ( ひとかた )ならず、神の 賜 ( たまもの )と深く感謝し、いよいよ 奇 ( くす )しき 御行 ( みわざ )を讃美せずにはいられないと夫妻 諸共 ( もろとも ) 目下 ( もっか )牧師の職に励みつつおらるる事は誠に感謝に 堪 ( た )えざる次第である。 どれですか。 これは どこの とけいですか。 ディスカウント、だいじょうぶですか。 やおや: はい、どうも。

>

大正時代の伝道者・柘植不知人の証し

・お 使 ( つか )いの 電子 ( でんし )レンジの 取 ( と )り 扱 ( あつか )い 説明書 ( せつめいしょ )をよくご 確認 ( かくにん )の 上 ( うえ )、 温 ( あたた )めてください。 ただし、リチウムには 発火 ( はっか )しやすいという 欠点 ( けってん )があり、すぐには 実用 ( じつよう ) 化 ( か )されませんでした。 こちらは ( )です。 世界 ( せかい )でも 貴重 ( きちょう )な 「たからもの」 佐渡金銀山 ( さどきんぎんざん )は 長 ( なが )い 期間 ( きかん )に 渡 ( わた )って 金 ( きん )や 銀 ( ぎん )を 産出 ( さんしゅつ )し、 日本最大 ( にほんさいだい )の 金銀山 ( きんぎんざん )として 国内外 ( こくないがい )の 経済 ( けいざい )に 大 ( おお )きな 影響 ( えいきょう )をあたえました。 このトマトは いくらですか。

>

子どもたちへ

数週後 小国 ( おぐに ) 国手 ( こくしゅ )と立ち会い診察せしに少しも其の 痕跡 ( こんせき )だになき 迄 ( まで )全快せられたり。 やおや: いらっしゃ~い。 ありがとう。 佐渡奉行所跡 ( さどぶぎょうしょあと )( 復元 ( ふくげん )) 江戸時代 ( えどじだい )から 佐渡 ( さど )を 治 ( おさ )めた 奉行 ( ぶぎょう )が 支配 ( しはい )を 行 ( おこな )った 場所 ( ばしょ )です。 同月 ( どうげつ )二十八日 熱海 ( あたみ )に行き 拝診 ( はいしん )せしに 胃部 ( いぶ )の腫瘍半分に減じ居り加うるに 頚部 ( けいぶ )の 腫 ( は )れ(メタスターゼ)さえも同じ程度に減少し居りただ驚くばかりなり。

>

ニュース知りたいんジャー:ノーベル化学賞 リチウムイオン電池を探る

遂に主は召して下さいました。 屋代 ( やしろ )兄弟 口腔 ( こうくう ) 中 ( ちゅう )の腫れ物たちどころに癒さる。 大正十年夏 余 ( よ )の始めて先生に 御逢 ( おあ )い申せし時より先生の 御 ( お )顔色はカッケキシー( 悪液質 ( あくえきしつ ))なりと信じたれば、胃癌も恐らく其の以前より既に 萌 ( め )ざしおりしならん。 おきゃく: どうも。 そして三つめは、「しんらい 信頼 」。 (一)不眠症 大正十一年八月私の最も愛する親戚の一 男子 ( だんし )(五十四歳)数ヶ月不眠症にて苦しみ 京阪神 ( けいはんしん )は申すに及ばず東京迄も行ってあらゆる専門 大医 ( たいい )に治療を受けしも 頑 ( がん )として更に全癒の 兆 ( ちょう )なく日々 重 ( おも )り行くのみにてこのままに打ち捨ておきなば精神に異常を 来 ( きた )すに相違ないから、私も気が気でなく思い煩う 中 ( うち )、大阪に於いてらい病が癒されたという話を聞き半信半疑ながら 兎 ( と )に 角 ( かく )その 柘植 ( つげ )先生とやらに一度祈って戴きたいと思い、本人を伴い 有馬 ( ありま )の修養会に行き 只 ( ただ )の一度祈って戴きましたところ、驚くべし、それきりあの頑固なる不眠症が全く癒され其の 夜 ( よ )より 高鼾 ( たかいびき )にて数時間安眠する様になり、今に健康にして幸福なる生活を続けております。

>

電子レンジを使うときのやくそく|イタメくん®の部屋

VISAカードですね だいじょうぶですよ。 最早 ( もはや )乞食を止め、帰郷して神を 讃 ( ほ )め 称 ( たた )えて感謝の内に余生を送られよと戒め、 訓 ( さと )したところが彼は悦びの涙を目に 湛 ( たた )え、 頻 ( しき )りに礼を述べていた。 電子 ( でんし )レンジには 使 ( つか )える 食器 ( しょっき )と 使 ( つか )えない 食器 ( しょっき )があります。 危 き 険 けんな 水 すい 銀 ぎん、 適 てき 切 せつな 管 かん 理 りを 2017年9月10日付 水 みな 俣 また 条 じょう 約 やくが 発 はっ 効 こう 悲 かなしい 公 こう 害 がい 病 びょうを 教 きょう 訓 くんに 蛍 けい 光 こう 灯 とうや 電 でん 池 ちなどに 使 つかわれている「 水 すい 銀 ぎん」。 あっ、いえ、いえ、すみません。

>

Listening Practice N5 Level 1 No.11

やおや: はい、じゃ、200えんね。 おきゃく: はい、カード、だいじょうぶですか。 今 ( いま )、 新潟県 ( にいがたけん )と 佐渡市 ( さどし )は 佐渡金銀山 ( さどきんぎんざん )を 人類 ( じんるい )にとって 大切 ( たいせつ )な 世界 ( せかい )の 宝物 ( たからもの )として 守 ( まも )っていくために、 世界文化遺産 ( せかいぶんかいさん )の 登録 ( とうろく )を 目指 ( めざ )しています。 リチウムイオン 電池 ( でんち )は、みなさんの 身 ( み )の 回 ( まわ )りにある 携帯電話 ( けいたいでんわ )、ノートパソコン、デジタルカメラなどに 多 ( おお )く 使 ( つか )われています。 北沢浮遊選鉱場 ( きたざわふゆうせんこうば ) 1940 年代 ( ねんだい )に 金 ( きん )の 生産量 ( せいさんりょう )を 増 ( ふ )やす 目的 ( もくてき )で 作 ( つく )られた 施設 ( しせつ )です。 おもなものを 紹介 しょうかいします。

>

子どもたちへ

おきゃく: これも イタリアのですか。 これですね。 聖会のある二日前から盲腸炎にかかりまして発熱三十九度五分もあり医師は絶対安静せよと申し 両便 ( りょうべん )をも取る有様でしたが私教会にまいりまして 柘植 ( つげ )先生にお祈りを願いましたら明日は是非連れて参れと申されましたが 何分 ( なにぶん )にも食事もとりませず高熱でしたので不信仰の私は余り進めませんでしたが本人は必ず癒されると申し人力車で二日参りましたが余り 障 ( さわ )りません様でしたので翌々日は教会に泊まりました。 既に同師によって全国各地に神の 御行 ( みわざ )の起こった事は 喧伝 ( けんでん )せられ、 殊 ( こと )に此の四月 呉 ( くれ )聖会の 節 ( せつ )不思議なる神の 御行 ( みわざ )が起こり、霊肉に関する神の救いの 聖手 ( みて )は加わり、屋根より落ちて手を動かし得なかった其の折れた手が癒されたとて動かし見せて証をなすもの、お医者帰りの薬瓶をさげた人の頑固な胃腸病の癒されたとて薬瓶を捨てて喜ぶもの、 積年 ( せきねん )の罪の許されたとて踊るばかりに神を 讃 ( ほ )むる者、その光景たるや実に 唯 ( ただ )驚くの 外 ( ほか )なく聖書を実地に見るにあらずして何ぞ。 軽 ( かる )くてコンパクトなので、その 分 ( ぶん )、 人 ( ひと )がいる 空間 ( くうかん )を 大 ( おお )きくできるなど 可能性 ( かのうせい )を 広 ( ひろ )げています。 余 ( よ )も医業を営みてよりここに四十六年 有余 ( ゆうよ ) 夥 ( おびただ )しき癌腫に接したれども 未 ( いま )だ 曾 ( かつ )て 斯 ( か )くの如き例を知らず、よって 種々 ( しゅじゅ )の書籍を集め調べても 似寄 ( によ )りたる報告なく更に心 易 ( やす )き内科、外科、婦人科 等 ( とう )の大家につき其の実験例を聴き 糺 ( ただ )すも誰ありて類似の実験なし、 余 ( よ )の次男の如きも 過 ( すぐ )る五年間京都帝大、大学院に入り病理学教室に於いて 専 ( もっぱ )ら癌腫肉腫の如き悪性腫瘍について研究し居るも 未 ( いま )だ 曾 ( かつ )て 斯 ( か )くの如き驚くべき実験例を見出すこと 能 ( あた )わず、真に驚き居る次第です。 (六)癌種 (イ)乳癌 五十歳の経産婦大正十四年五月初めより肩凝りを感じ、 且 ( か )つ 乳房 ( にゅうぼう )に異常あるを認め、一ヶ月の後、京都府立医科大学病院に行き 宇野 ( うの )博士の診察を受けたところ、乳癌との診断にて即時に入院。

>

Listening Practice N5 Level 1 No.11

それが「 赤 あかい 羽根共同募金 はねきょうどうぼきん」です。 これですね。 助 たすけが 必要 ひつような 人 ひとたちのために、いろいろなボランティア 団体 だんたいなどが 活動 かつどうしています。 てんいん: はい、どうぞ。 (ニ)胃癌 五十二歳の男子(先生御自身)大正十四年十一月初めて 黄疸 ( おうだん )を発せられたので気が付き、密かに御容体を 承 ( うけたまわ )るに消化不良、食欲欠損 等 ( とう )の症候は 余程 ( よほど )前より之ありたりとの事なり。 1つ、いくらですか。

>