四国 8000 系。 JR四国8600系電車

SHIKOKU'S World 2000系

普通客室 [ ] 8751車内(2014年12月) インテリアのコンセプトは「未来を想起させる明るく洗練された車内空間」「先進感の中にナチュラルなぬくもりを感じることができる」インテリアとし 、窓下に木質系のテクスチャーを配置している。 基本的に外装の変更のみとなっており、室内は従来のままである。 2007年6月下旬からラッシュ対策としてP編成に網干総合車両所から貸し出されたサハ223形2000番台が組み込まれ、3両編成化された。 ・室内パーツは青色で再現。 わずか3年ほどで121系消滅の予定。 中間車の6200形 T には、放送装置やなどの車掌用設備を装備した業務用空間「車掌コーナー」を車端部に設ける。

>

四国8000系 特急しおかぜ 貫通型

シートのカラーがグリーン車と同じブルー基調となっており、オレンジ基調の8150形と内装イメージがかなり異なっている。 これらは先に登場したの構造を踏襲している。 『JR 普通列車年鑑 2015-2016』、、2015年8月。 参考文献 [ ]• それなら、新潟の普通列車用電車の新車を基に設備を特急用は8600系と同様に3両編成と2両編成にして、3両編成の中間車両は普通列車用にならないのが前提にして、ドアは片面1・2ヶ所にして15年ほどで退役は無駄になりません。 8000系 予讃線特急「しおかぜ」「いしづち」用に製造された電車。 10月7日:量産車2両編成2本、3両編成2本の10両が落成。 あっても和式だと辛いことには変わりないけど… 日立GTOの中期型。

>

JR四国5000系電車

特急「ミッドナイトEXP松山」・「モーニングEXP松山」(1往復): - 松山駅 全列車で使用。 左画像下側のリニューアル車はL5編成の8005形だが、この車両は2005年7月18日に「しおかぜ24号」として運転中に、予讃線・菊間付近で倒木に接触した車両で、ヘッドライトケース右側が凹んでいるのが見て取れる。 但し、主電動機は量産車の200kwに対して150kwと多少出力が低い。 車体取付寸法は、8000系電車のS-PS59と共通とすることで互換性を持たせている。 落成時には先頭車側面に「 SERIES 6000 JR四国」 先頭部運転席窓下に「 JR SHIKOKU SERIES 6000」のを配していた。

>

JR四国8600系電車

- Good Design Award. 2016年10月19日閲覧。 しかし長くは続かず、2019年3月16日のダイヤ改正で観音寺・琴平 - 岡山間を直通する普通列車が全て廃止(本州側は児島折り返し、四国側は高松行きへ変更)となり、再び本四備讃線での運用は消滅した。 客用扉は8000系電車などと同様に各車片側に2つずつ、車端側に設置されているが、本系列ではではなく一般的な引戸とされた。 車両は・で開発・製造されている。 基礎ブレーキ装置は新幹線電車と同じ車輪ディスクで、N2000系の履くS-DT61形の基本となった台車である。 しかし、この制御方式は性能面で優れるが、空気バネ式車体傾斜に用いた場合、誤って曲線外軌側へ車体を傾斜させることが考えられることや、制御中止時に曲線通過速度を落とさざるを得ないため 、センサ式をバックアップとして用いている。 2009年 平成21年 3月、JR予讃線松山 まつやま:愛媛県松山市 駅にて撮影。

>

JR四国6000系電車

・特急「南風」4両セット、特急「しおかぜ・いしづち」7両セットはトラクションタイヤ付、3両セットは混成を考慮してトラクションタイヤ無し。 5両編成のL編成6本30両と3両編成のS編成5本15両の計45両がに配置されている。 8500形の後位側も当初は付いていたが、パンタグラフ撤去に伴って取り外されてその跡が残っている。 基本編成(L編成)に組み込まれる。 このワイヤーは当初ビニール被膜付だったが、この被膜にワイヤーが引っかかって架線追従装置が機能しなくなるトラブルがあったため、被膜の無い物に交換された。 2009年 平成21年 3月、JR瀬戸大橋線岡山 おかやま:岡山県岡山市北区 駅にて撮影。 そのS1編成は2018年3月31日付で廃車された。

>

四国8000系 特急しおかぜ 貫通型

量産車ではユニットを組む相手が8150形に変更されているが、機能的な面での差異はない。 模型ではマイクロエースから何度か発売されており、8000系リニューアルや方転などちょっとよくわからないネーミングのも発売されています。 ただし、2018年3月17日改正までは、このうち「しおかぜ」「いしづち」5・6号は編成を短縮した8000系が所定であった。 「しおかぜ」編成5号車の自由席車。 編成表 [ ] 2両編成・3両編成ともに本系列を示す編成記号は「E」となっているが、2両編成は編成番号を10番台として区分されている。 また乗務員乗降用のステップが、車体傾斜による台車との干渉を避けるために台車枠に取り付けられているのが特徴で、取付位置によって2種類が存在。

>