枕草子 二 月 つ ご もり ごろ に。 枕草子第百六段「二月つごもりごろに」現代語訳と文法解説

二月(きさらぎ)つごもりごろに�: 高校古文こういう話

ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となる。 それぞ世にある人の手は皆知りてはべらむ」など、ただいらへさせむと、あやしきことどもをのたまふ。 「空寒み花にまがへて散る雪に」 「空が寒いので、花が散ってくるのかしらと見間違うほどに、雪が散って参ります」といった意味ですが、先程の下の句と合わせれば、「空が寒いので、花が散ってくるのかしらと見間違うほどに、雪が散って参ります。 この評価をを知りたいと思う一方、けなされでもしたら(そんな言葉は)聞きたくないと思っていると、「〔源〕俊賢の宰相様などが、『やはり(清少納言はたいしたやつだから)、帝に申し上げて掌侍に任官させよう。 係り結び。 御覧ぜ=サ変動詞「御覧ず(ごらんず)」の未然形、ご覧になる。

>

二月(きさらぎ)つごもりごろに�: 高校古文こういう話

すれ=サ変動詞「す」の已然形、する。 主殿寮の人は、 「早く返事をください。 奥 (あう)寄りて三四人 (みたりよたり)さしつどひて絵など見るもあめり。 でも、夜は早くいらっしゃい」とおっしゃる。 それが、かれが」などのたまはす。 このタイプのものを短連歌といいます。

>

枕草子~二月つごもりごろに~

何事かと思うと、偉い人の手紙を持ってきています。 何かしら、《刃物を》使って根もとを切るようすがいかにもやすやすとしているように見えて、ぜひ《自分も》してみたいと思われることよ。 手紙には、「すこし春ある心地こそすれ」 ちょっと春になった気がする と書かれてあります。 」 格助詞 と 格助詞 て 接続助詞 ある ラ行変格活用動詞「あり」連体形 を 格助詞 見れ ラ行上一段活用動詞「見る」已然形 ば、 接続助詞 懐紙 名詞 に、 格助詞 少し春ある心地 こそすれ とあるは、げに今日のけしきにいと よう合ひ たる、 これが本はいかで かつく べから むと思ひわづらひ ぬ。 庵(いほーイオ)のさまなど。

>

枕草子

か=疑問の係助詞、結びは連体形となる。 ぬ=完了の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形 この歌の上の句はどのようにつけるのがよいだろうか、と思い悩んだ。 いかでかつくべからむ =いかで(副詞) +か(係助詞) +つく(動詞・カ行下二段「つく」終止形) +べから(助動詞・当然「べし」未然形) +む(助動詞・推量「む」連体形) 最後の「む」は終止形ではなく連体形です。 中納言の君の、忌日 (きにち)とてくすしがり行ひたまひしを、「賜へ、その数珠しばし。 」 と言います。 解説 旅で見た稲刈り風景を記した段。

>

枕草子(原文・現代語訳)

返事を持ってきたときはどうなることかと胸がどきどきして、ほんとうに出来が悪かったら、この兄にとってもよくないだろうと思ったが、並々でなく大勢の人がほめて感心し、『お兄さん、こっちへ来い。 口訳 八月の末に、太秦の広隆寺に参詣しようとして《出かけたが、その途中》見ると、稲が穂となって出ている田を、人がたいそうおおぜい見て騒いでいる、それは稲を刈るのであった。 中宮様は、誰かが草がなで書いた冊子などを取り出して御覧になる。 げに、 遅うさへあら むは、いと取どころなければ、さはれとれ、 空寒み花にまがへて散る雪に と、わななくわななく書きて取らせて、いかに思ふ らむとわびし。 『これです』と言って差し出したのがさっきの手紙で、返事が来たのだなと思い、頭の中将がちらっと見たと同時に叫び声をあげた、『おや、どうしたのか』と皆でそばに寄って見ると、頭の中将が『たいした盗人よ。 どなたの筆跡でしょうか」と大納言殿に申されたのを、大納言殿は「こちらにいただいて拝見しましょう」と申されたので、中宮様はさらに「こちらへ」とおっしゃる。 内侍司の長官である「尚侍(ないしのかみ)」は、その役割が変遷して事実上天皇の妻となっていたため、掌侍が内侍司の長と言える。

>

枕草子『二月つごもりごろに』解説・品詞分解

「たれたれか」と問へば、「それそれ」といふ。 いみじう白く肥えたるちごの二つばかりなるが、二藍 ふたあゐ の薄物 うすもの など、衣長 きぬなが にてたすき結ひたるがはひ出でたるも、またみじかきが袖がちなる着てありくもみなうつくし。 御髪 (みぐし)のかからせたまへるなど、絵にかきたるをこそかかることは見しに、うつつにはまだ知らぬを、夢のここちぞする。 八つ、九つ、十ばかりなどの男児の、声はをさなげにて書 ふみ 読みたる、いとうつくし。 みないと恥づかしきなかに、宰相の御答(いら)へを、いかでかことなしびに言ひ出でむ、と心一つに苦しきを、御前に御覧ぜさせむとすれど、上のおはしまして御殿籠りたり。 「葛城 (かつらぎ)の神もしばし」など仰せらるるを、いかでかは筋かひ御覧ぜられむとて、なほ伏したれば、御格子 (みかうし)も参らず。

>

二月つごもり頃に

おぼゆる=ヤ行下二段動詞「思ゆ・覚ゆ(おぼゆ)」の連体形、自然に思われる、感じる、思われる。 つまり、「何事もないようなふりをする」が「事なしぶ」。 たり=存続の助動詞「たり」の終止形、接続は連用形 (中宮様は)天皇がいらっしゃって、お休みになっている。 何となく人の噂話などして悪く言ったことを、幼い子どもが聞き覚えていて、その人の前でしゃべってしまった時。 ここでは中宮定子の夫である一条天皇のこと。 女房の中納言の君(道隆の従妹)が、命日だとして奇特なようすで勤行しておられたのを、他の女房が「その数珠をしばらく貸してください。 行ひして、めでたき身にならむ」と借るとて、集まりて笑へど、なほいとこそめでたけれ。

>

枕草子(原文・現代語訳)

今聞こえむ」とて、ふところに引き入れて入りぬ。 にはとりの雛の足高に、白うをかしげに、衣みじかなるさまして、ひよひよとかしかましう鳴きて、人のしりさきに立ちてありくもをかし。 左兵衛督からの敬意。 を参照。 左右 (ひだりみぎ)にある垣にある、ものの枝などの、車の屋形 (やかた)などにさし入るを、いそぎてとらへて折らむとするほどに、ふと過ぎてはづれたるこそ、いとくちをしけれ。

>