小杉 湯 となり。 【高円寺】「小杉湯となり」で銭湯のあるくらしをもっと楽しむ!

Vol.7 ここでしかできないコミュニティのつくり方。東京・高円寺の小杉湯となりに行ってみた 前編:ひとまち結び

この時期に銭湯の数も一気に増えていて、2,687軒のピークを迎えます。 また、リモートワークが増えているからこそ、何気なく人と触れ合える場を求めている人が増えていると感じていました。 東京都内だけを見ても直近で2006年(12月末、以下同じ)の963軒から19年には520軒へと、この十数年で半減している。 天井の高い銭湯のように、自然光を十分にとりいれる3階建て構造で、1階は湯上がりの一杯や栄養バランスのとれた食事が楽しめる台所・食卓、2階は畳の上でくつろいだり、作業ができる居間・書斎スペース、3階は貸切利用ができる個室から構成されています。 そしてなにやら、高円寺駅の小杉湯……の隣のアパートでも、面白いことをしている団体がいるらしい……? その名も。 一方で、「コミュニティスペース」と呼ばれる場所は、ややもするとメンバーが固定化され、外から見ると閉鎖的であまり活性化していないように見えるところも多い。 ツイッターやインスタグラムを通じて空き状況を随時発信していきます。

>

ここは「銭湯つきのセカンドハウス」。小杉湯・となりをまるっと使える会員プランを開始します|銭湯ぐらし|note

超回帰水による低刺激 あたりが理由だとは思うんですけどね。 美味しそう。 そのあと、戦後の復興、高度経済成長を迎えて、20年弱ぐらいで東京都は700万人ぐらい人口が増えています。 ここでは、「銭湯ぐらし」を実践できるようなプランを現在企画中です。 「銭湯ぐらし」は、一言で言うと「銭湯と人との色とりどりな物語を生み出すプロジェクト」としています。 銭湯と庭の付いた3階建ての戸建てをまるっと使うことができるようになります。

>

Vol.7 ここでしかできないコミュニティのつくり方。東京・高円寺の小杉湯となりに行ってみた 前編:ひとまち結び

高円寺「入りづらい店」は手づくりの肴と、種類豊富なお酒が楽しめるお店。 高円寺「168厨房(いろはちゅうぼう)」は、薬膳中華料理が食べられるお店。 あとは伝えるとか、繋ぐとか、描く、起す、編む、起す、歌う。 新しい場所で銭湯のように長く愛される家具になるように、心をこめました。 昔から続く銭湯の価値をさらに拡張し、小杉湯を日ごろから利用している人はもちろん、利用していない人にも、くらしの豊かさを実感できる心地よい場所を目指します。 きっかけは、この風呂なしアパートを3年ぐらい前に建て替えようと。 アップサイクルによってよみがえった、常連さんたちの大切な家具 オープン当初から提供してきたメニューは、地域の生産者とつながり、湯上がりにぴったりな柑橘サワーや栄養たっぷりの手作り小鉢など。

>

仕事後にひとっ風呂!「小杉湯となり」で銭湯コミュニティを高円寺に

年齢構成比は20~30代が30パーセント、40~50代が30パーセント、60~70代が30パーセント。 そしてこれを人口のグラフと照らし合わせてみたときに、この青(のグラフ)が東京都の人口の推移になるんですが、関東大震災後に400万弱だった人口が、東京都は一気に20年弱ぐらいで300万人ぐらい増えて700万人になります。 「あ、くさいかもしんない、うん! いや、わりとくさいわ、私(笑)」 ……何を思い出したのだろうか。 プレオープンにあたり、開店祝いのお花は、お気持ちだけいただき、辞退させていただいております。 僕は毎日23時半から番台をやっていて、みんなだいたい終電で帰ってくるので、僕が番台にいるときにお風呂に入りに来てくれます。 4年目で全国トップの営業成績を記録し社長賞を受賞、トップセールスとして活躍。

>

「アーバンリサーチ」が高円寺の「小杉湯」とタッグ 東京2020に向けて銭湯のある暮らしを発信

—— これにみちょぱは即答した。 とにかく、名前が怪しいってだけでちゃんとしたものっぽいです。 」を合言葉に、映像・イベント・ゲームなどの企画開発を行っています。 食堂でありながら食堂ではなく、コワーキングスペースでありながらコワーキングスペースに特化していない、不思議な場所。 改めて、銭湯が地域の人が集まる場所になって、そこで挨拶する人ができたり、たわいもない会話をする人ができたりするということが求められているし、大事なのだと思います。 なるほど。

>

一つの目的に縛られない場所「小杉湯となり」が生み出す余白のある暮らしとは

塩谷: あと、 夏の夜に窓を開けて寝ると桶の音とか聞こえてくるんですよ。 私たちが提供したいのは『銭湯のある暮らし』『日々の暮らしに余白をつくること』。 僕からお願いしたのは、僕の組織論も込めているのですが、みんなに対して、価値の交換というものを描く上で、小杉湯とアパートとコミュニティのつながりを利用して、とにかくやりたいことをやってほしいと。 その歴史は長く、創業は昭和8年。 みんな風呂なしアパートなので、銭湯に入りに来てくれたのですが、その1年間の暮らしがよかったと言うのです。 あとは大きいお風呂に入ることが健康にいいという医学的なエビデンスが何個も出ているので、肉体的な健康を求めてやってくる。

>