インター フェックス 2020。 【インターフェックス Week 東京】ユーロフィン分析科学研究所(抽出物・浸出物(E&L)試験)|薬事日報ウェブサイト

第22回 インターフェックス ジャパンに出展

無菌製剤工場の最新事例• 会場ではコロナ対策を徹底。 低速処理ではビーズ摩耗による破片発生を大幅にコンタミ低減できる。 これまで、独創的な製品開発を行い、健康維持・増進に貢献できる製品を発売すると共に、GMP基準に則り、より良い製品を提供していくために、創薬体制の刷新や受託事業の拡充を図り、顧客に迅速に対応できるシステムを構築。 なお、弊社ブース内【4ホール 15-12】に会社案内などの資料をご用意させて頂きますので、ご来場の際はご自由にお持ち帰りください。 E&L試験導入の背景には、バイオ医薬品市場の拡大がある。 承認申請段階でE&L試験と並行して実施されるケースが多い安定性試験とセットでサービスを提供するなどして、顧客企業のプロジェクト管理にかかる負担の軽減につなげている。

>

【インターフェックス Week 東京】田村薬品工業|薬事日報ウェブサイト

本展の最大の魅力は、圧倒的多数の実機が展示されることです。 ビーズミル、連続ろ過機、密閉式コンテナミキサーを主要製品として、高性能でユニークな装置を提供してきた。 防虫・衛生ソリューション• <第22回 インターフェックス ジャパン> ・会 期 : 2020年11月25日(水)~ 27日(金) ・会 場 : 幕張メッセ ・当社出展ブース : 4ホール 15-12 ・公式サイト :. 製薬企業と機械メーカーの技術的知見を融合し、低コンタミの医薬品ナノ粉砕の技術開発を行った。 ロータリーフィルターシリーズでは、クロスフローろ過技術によって、密閉・連続・自動化の機能を加えて、濃縮・脱水・スラリー洗浄を連続処理できる高速ろ過機をラインナップ。 その結果、処理速度と低コンタミが両立する四つの良好な条件を明らかにし、全金属混入濃度が2ppm以下となる成果を上げた。 シールレスアペックスミルは構造的に三つの装置要件を満たしていることから、同社は2017年に塩野義製薬と共同開発契約を締結。

>

【インターフェックス Week 東京】ユーロフィン分析科学研究所(抽出物・浸出物(E&L)試験)|薬事日報ウェブサイト

開催は11月27日(金)17:00まで。 田村薬品工業. 同社は、今年の展示会で医薬品開発における治験薬製造、分析、製剤化の検討など製品開発業務の受託を提案するほか、医薬品等の固形剤・液剤の製造から包装まで一貫した製造受託や多種多様な包装形態の要望に応じた包装受託など一歩進んだ取り組みを提案する。 さらに、武田薬品工業(株) T-CiRA ディスカバリー ヘッド 梶井 靖氏、日本製薬工業協会 会長 中山 讓治氏、(株)資生堂 那須工場長 長谷川 修嗣氏など、本業界の第一人者が連日登壇します。 普段なかなか見ることのできない実機製品を直接目にしながら、出展社と商談・技術相談を行うことで、効率よく比較検討や導入ができるため、課題可決に役立てられる絶好の場となります。 肥田木氏は、「日本ではE&L試験の対象になりにくい低分子医薬品のカプセル剤、錠剤が多かったため、普及しておらず、ノウハウが蓄積されていない。

>

プライミクス、医薬化粧品製造装置をインターフェックス ジャパンで展示中:日経クロステック Active

同社は、ドリンク剤の製造販売が有名だが、近年は、和歌山県橋本市にグローバルGMPに対応した医薬品の固形剤専用工場である紀ノ光台工場を建設・稼働させたり、医療用医薬品をメインにした固形剤専用工場である五條工場(奈良県五條市)での製造に力を入れるなど、固形剤製造の方にも力を入れている。 E&L試験を担当する肥田木氏、唐崎幹子氏(左) ユーロフィン分析科学研究所(本社京都市)は、医薬品GMPに準拠した分析法開発や各種試験を製薬企業などから幅広く受託している。 具体的に見ると、アペックスミルシリーズとして、ミクロンサイズからナノ粒子のスラリー処理まで可能な高性能ビーズミルとスラリーの混錬・乳化処理が可能なビーズレスミルにより、最新のスラリー処理技術を実現している。 主な出展内容• これらの課題を克服したシールレスアペックスミルは縦型ミルで、攪拌ローターが低速回転してもミル底にビーズが高密度で存在し、処理機能が低下しないことから、低速運転でも均一処理が可能である。 例えば、注射シリンジの内面に塗布されている潤滑剤が製剤内に取り込まれる場合がある。

>

いよいよ今月、幕張メッセにて 『インターフェックスWeek 東京2020』 開催!|リード エグジビション ジャパン株式会社のプレスリリース

欧米で15年以上にわたって蓄積してきた実績をもとに、設備資材や器具の部品をどう分析すべきか提案できる。 ご関心のある方は、ぜひ安心して幕張メッセにお越しください。 試験に必要な分析機器を追加設置するなど受託能力を拡大しており、中長期的にはE&L試験で業界をリードする会社を目指す。 また、メカニカルシール装置が存在しないため、ミル分解が簡単で部品洗浄しやすい設計が可能で、メカニカルシール装置が起因した金属元素のコンタミがない。 承認申請段階で製造設備や包装容器の品質を担保するため、試験を実施するケースが多い。 E&L試験を担当する同社の肥田木道生氏(分析研究第2部試験担当責任者)は「容器から溶け出した物質がバイオ医薬品の蛋白質の構造変化や凝集を引き起こし、毒性を高めるなど、意図した製剤でなくなることがある。

>

プライミクス、医薬化粧品製造装置をインターフェックス ジャパンで展示中:日経クロステック Active

。 液剤については、日産数量70万本という高い製造能力を誇る800bpmドリンクラインに加え、中小製造数量に応えることができる200bpmドリンクラインを併設。 同社のケムテック事業部は、最先端の技術により機械装置を手がけ、化学操作で重要なスラリー処理と粉体混合の最新装置とソリューションを提供。 ユーロフィン分析科学研究所(抽出物・浸出物(E&L)試験). E&L試験の普及で先行する欧米と比べて、日本で同試験を手がける企業は数社と少ない。 会場では、医薬品の連続生産設備、最新の充填装置などの実機製品を直接見ることができ、出展社による実演・デモを直接体験できます。 創業当初から蓄積してきたノウハウを生かし、錠剤、カプセル剤、顆粒剤等の治験薬製造が可能である。 広島メタル&マシナリー(アペックスミルF&M). 低分子医薬品などと比べてその可能性が高い」と説明する。

>

第22回 インターフェックス ジャパンに出展

現在はユーロフィンのアジア最大の医薬品分析受託事業の拠点として、社員約150人で事業を展開。 今後は医薬品向けにメカニカルシールを省略したシールレスビーズミルを差別化製品として展開する予定にしている。 特に医薬品については、全てのラインが適正製造基準「GMP」に適合しており、厳しい品質管理体制のもと、顧客の声を生かしたオリジナル商品も開発している。 国内の大手メーカーを中心に海外メーカーに至るまで、多種多彩な医薬品・健康食品等の製造を受託している。 医薬品PTP包装ライン 田村薬品工業は、1934年の創業以来、「未来にチャレンジする健康開発企業」を事業目的とし、「医薬を基本に健康を創造し、提供する企業を目指そう」をモットーに取り組んできた。 今回、基調講演には、塩野義製薬(株)取締役 副社長 ヘルスケア戦略本部長 澤田 拓子氏、厚生労働省 医政局 研究開発振興課長 笠松 淳也氏が登壇し、画期的な新薬を生み出すための創薬戦略をテーマに講演を行います。

>

「第22回 インターフェックス ジャパン 」出展中止のお知らせ

インターフェックスWeek東京のファーマラボEXPOで26、27日に開かれる出展社セミナーでは、ユーロフィン分析科学研究所も講演する。 同社は、1996年に藤沢薬品が100%を出資して設立した分析科学研究所が前身。 出展を予定しておりました「第22回 インターフェックス ジャパン」につきまして、新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、お客様、パートナー企業の皆様、および弊社従業員の安全面を第一に考慮した結果、出展を中止することと致しました。 武田薬品工業・塩野義製薬・資生堂をはじめとする豪華講師陣によるセミナー全360講演! 展示会と併催のセミナーでは、医薬品業界における先端技術、最新の規制対応など注目トレンドが目白押しです。 ご質問・ご相談などございましたら、よりお気軽にお問い合わせください。

>